AliexpressでCFRPのCNC加工サービスを発注した話

お久しぶりです。もりゅーです。

今回は、なんでも売ってることで有名なAliexpressで、CFRPのCNC加工サービスを発注した話です。

経緯

学生の身分を無くし、加工機が使えなくなってしまった。

でもまだロボワン欲はある

加工は外部に発注しよう

発注先

ここです。日本語にすると意味が分からないので英語のままの方が良いかと。
www.aliexpress.com

発注のやり方

基本的には書いてある通りにすればいいですが、一応メモ程度に書いておきます。

1. 見積もりメールを送る

Product Descriptionに記載されているfoxmailドメインメールに、dwgかdxfの図面を送る。

その際、見積もり依頼であること、加工品は日本に送ることを伝えましょう。(もちろん英語でね)

ちなみに図面ですが、いわゆるちゃんとした製図図面でなく、ただパーツ外形を並べただけの物でも大丈夫です。自分は下のようなものを送りました。その場合、板厚は別途記載しておきましょう。

f:id:Moryu_io:20180910221519p:plain

2. Aliexpressから見積もり金額分購入する

数(営業)時間以内に見積もりが返ってきます。
自分の場合は、40ドル(加工費25ドル、運送費15ドル)でしたので、上記Aliexpressページで加工サービスを40個購入し、40ドルを支払います。
この際、加工サービス代が1個20ドルだったり50ドルだったりすることがあるので、そうなっていた場合はメールで連絡して1個1ドルにしてもらいます。
(見積もりを投げずに購入するやつがいるらしく、とりあえず1個数十ドルぐらいで設定しているっぽい。見積もり投げないとブラックリスト入りと明言されているので注意!)

3. (一応)発注したよメールを投げる

表題通り。Aliから連絡が行くはずなので問題はないと思うが念のため。

4. 届くまで待つ

大体加工に1週間、配送に1週間ちょいかかります。パーツ量とかにもよるかもしれないのであくまで目安ですが。

届いたもの


以上です。何か質問あればコメントかTwitterでリプ飛ばしてください。

V-REPとC/C++で自作ロボットを動かす

皆さん初めまして.もりゅー(@Moryu_io)と申します.
東京でしがない理系学生をやっております.

本ブログは,もりゅーが学んだ技術的なことを中心に,備忘録代わりに更新していくものです.
よろしくお願い致します.

さて,記念すべき最初の更新は,rogy Advent Calendar 2017 - Adventar 16日目の記事になります.
すなわち,V-REPというロボット用動力学シミュレーション開発環境を用いて,自作のロボットを動かしてみます.

V-REPの詳細はググるなり公式サイトをご覧ください.
www.coppeliarobotics.com

ロボットを動力学シミュレーションするのに適した環境が提供されており,
サンプルを弄ってるだけでもかなり面白いです.

本記事では,サンプルで既に入ってるモデルではなく,自分で用意したロボットをV-REP上で動かします.
また,ただ動かすだけでなく,マイコンで動かす際とプログラムを一部共通化しやすくするため,
remoteAPIを用いて,C/C++から動作させます(デフォルトではLuaによるスクリプトで動かす).

さて早速やっていきましょう.

続きを読む